叱る、褒める

叱るにせよ褒めるにせよ、
それは相手に一歩踏み込む行為であり、
その時私たちはその人に対する責任を問われている。
またそれが、踏み込む側の自我の誇示として
行われる場合には、褒めても叱っても、
人の心を拓くことはない。

(自分の仕事をつくる、西村佳哲)