自分の好きなこと

人間はまず自分の好きなことをすることが大切である。好きと感じることを行ううちに、新しい世界が広がってくる。と言っても、好きなことをするのは近所迷惑なことも多い。そこで、近所迷惑をあまりにも恐れることになると、結局のところ、何も出来なくなる。近所迷惑のことも自覚しつつ、それでも好きなことをやっていくところに、人生の面白味が出てくるものである。

(こころの処方箋、河合隼雄)