美化

常に意識して、意図的に、覚醒した頭のなかで、
具体的な考えや具体的な表現を心がけ、
物事の一般化を避けなくては、物事は理解できない。
すべての出来事を個々のものとして、
人間ひとりひとりにひとつひとつ、
個性的な人格と魂が宿っているのと同じで、
物事にもひとつひとつ、個別の事情があり、
歴史があり、存在と成立の理由がある。
それらを一般化するところから、
真実は見えなくなっていく。美化はいけない。
美化はもっといけない。美化は危険だ。
(アップルソング、小手鞠るい)