進む

わかっているけれど、人生には、前に進むしかない、
間違っているとわかって、いても
そっちに進むことしかできない、そういう曲がり角があるのです。

(君が笑えば、小手鞠るい)