傷つけた人は忘れることができても、傷つけられた人は決して、忘れることができない。どんなに長い時間が過ぎても。人の言葉とはそういうものだ。言葉は消えて残るのだ。傷だけが。

(君が笑えば、小手鞠るい)