真実の言葉

離れてはいけない。飛び越えてもいけない。もっといけないのは、わかったようなふりをすることだ。追求するのだ。徹底的に追い求め、追い詰めるのだ。そこからしか、真実の言葉は生まれない。真実の言葉で、真実だけを書け、それが小説家の仕事だ。

(曲がり木たち、小手鞠るい)