紙一重

許し合うことは、もっと難しい。許すことと憎むことは-もしかしたら、愛することと憎むことも-信じることと疑うことがそうであるように、おそらく紙一重なのではないかと、今のわたしは思っている。

(曲がり木たち、小手鞠るい)