転がり落ちて

この人のために、馬鹿を止めねばならない。そういう相手が側にいないと、駄目ですな。人は簡単に、とんでもない方へ転がり落ちてしまうようだ

(ひとめぼれ、畠中恵)