中心

中心に立ったと思っていても、誰かにとっては何の価値も興味もない、取るに足らない世界かもしれないことも私は知っている。それでも、ここが私の世界だし、もしもこれから世界が広がっていったとしても、いびつな世界の中心はここだ。

(終わらない歌、宮下奈都)