いちばん

よく、何かでいちばんになれ、なんて大人は簡単にいうけれど、何かでいちばんにみんながなれるわけがない。それよりは勉強をして少しでもよい学校に入るほうがどれだけ安全か。勉強が楽しいとまでは思わないけれど、やればできる。何かでいちばんにはなれない私が自分の価値を確立するには、勉強するのが手っ取り早かったということだ。

(よろこびの歌、宮下奈都)