大切

私には大切なものがたくさんある。大切なものがあるから歌える歌があるんだ。大切なのは歌を歌うことだけ、歌だけがよいものだと思っていたときとは、歌うときの気持ちが違う。歌はよいものだけれど、よいものがよく歌われてこそ生きて伝わるんじゃないか。ほかの大切なものに気づかず、歌しか知らない私に、何の歌が歌えただろう。

(よろこびの歌、宮下奈都)