学校

もう、学生時代には戻りたくない。画一化された「学校」という組織の中で生きる時間は非常に苦痛である。学生の頃は「そういうもんだ」と思って過ごしてきたが、そういうもんの外に出た今、意味のない抑圧が多すぎると痛感する。
 学校に限らず、集団というのは何らかの抑圧があるものだ。「こうしろ」と言われたらそうするしかない。イヤでも何でもそうするしかない。そして「そんなもんか」とあきらめて日々は過ぎてゆく。

(もものかんづめ、さくらももこ)