選択

選べるのは、未来の道だけである。過去の選択はできない。これはつまり、過去へ戻れないからだ。未来には行けるが、過去へは行けない。
 過去の評価とは、結局は事象の「解釈」でしかない。ただし、たとえば「楽観」は、過去に対しては有効だ。
 自分が経験したことをどう解釈するか、という場合、大いに「楽観」すれば良いだろう。「あれは良かった」「あのとき、あれをしておいたのが効いた」「あの判断は正解だった」などと、過去を楽観的に評価することは、精神安定上も良い。

(悲観する力、森博嗣)