必要

「楽観」も「悲観」も、どちらも必要である。というよりも、必ずどちらもしているはずだ。放っておくと、どちらかに偏るから、ときどき意識して軌道修正し、バランスを確認すると良い。

(悲観する力、森博嗣)