やった

やれるところまでやったあとは、もう運を天に任せるしかないだろう。この境地に達すれば、万が一上手くいかなかったときにも、自分を責める必要はないし、後悔することもないはずだ。

(悲観する力、森博嗣)