期待感

読者が千数百円、あるいは数千円の金を払って一冊の本を買うとき、そこには思惑も何もありません。あるのは「この本を読んでみよう」という(たぶん)率直な気持ちだけです。あるいは期待感だけです。そういう読者のみなさんに対しては、僕は心から本当にありがたいと思っています。

(職業としての小説家、村上春樹)