名前

名前というのは、一生、その人とともに歩むのですから、赤ん坊や子ども時代だけでなく、うんと年をとったときにどうかということも、考えておかなくてはなりません。それが、親としての責任です。

(ミ・ト・ン、小川糸)