インチキ

わたしはたぶん、インチキなものばかりに囲まれて生きている。だからこうして不意に本物に出会うと、泣けてしまう。世の中は捨てたものではないと、心を打たれてしまうのだ。

(野球の国、奥田英朗)
タグ: 野球の国