生きていける

どのようなところでも人間は生きているし、また生きていける。私は、そうした人間というものに、「いとおしさ」のようなものを覚えていたにちがいなかった。

(旅の窓、沢木耕太郎)
タグ: 旅の窓