息をする

確信をもって言えることは多くない
ぼくはただ空気はおいしくていい匂いだと言う
生きていて息をするだけで
人間はほほえみたくなるものだ
[ぼくは言う]

(朝のかたち、谷川俊太郎)