美とはつまるところ、画家の官能性が強ければ強いほど高く昇華され、見る者が程度の低い下品な官能性に蝕まれていればいるほどよく理解できるていのものではないのだろうか。

(聖痕、筒井康隆)
タグ: 聖痕