リアル

リアルを追求すると、毎日別に何も起きないことや、何か事件が起きても蚊帳の外に置かれることがリアルということになってしまいます。現実をそのままに見たければ現実を見ればいいわけで、なにも小説を読むことはありません。なのでリアルであることは求めませんが、上手に虚構を描くためにリアリティは必要です。

(米澤穂信と古典部、米澤穂信)