大切なもの

大切なものは、誰にでもあります。
目に見えるものであったり、
目には見えないものであったり。
それを守るために、
人は一生懸命になりますが、
大切だと思っているものを守ろうとすることが、
かえって、本当に大切なものを
失わせることになる場合もあります。

- モルモン書 ヒラマン 13:19-20 -

主は言われる。『宝を隠す者はわたしに託して隠すようにわたしは望む。わたしに託すことなく宝を隠す者はのろわれる。義人以外にはだれも、わたしに託して宝を隠さないからである。わたしに託すことなく宝を隠す者はのろわれるし、その宝ものろわれる。また、地がのろわれるために、それを取り出す者はだれもいない。

人々が富に執着して自分の宝を隠す日が来る。人々は自分の富に執着し、敵の前から逃げるときに自分の宝を隠すであろう。しかし、彼らは宝を隠すときにわたしに託さないので、彼らも宝ものろわれる。そしてその日に彼らは打たれる』と、主は言われる。

For I will, saith the Lord, that they shall hide up their treasures unto me; and cursed be they who hide not up their treasures unto me; for none hideth up their treasures unto me save it be the righteous; and he that hideth not up his treasures unto me, cursed is he, and also the treasure, and none shall redeem it because of the curse of the land.

And the day shall come that they shall hide up their treasures, because they have set their hearts upon riches; and because they have set their hearts upon their riches, and will hide up their treasures when they shall flee before their enemies; because they will not hide them up unto me, cursed be they and also their treasures; and in that day shall they be smitten, saith the Lord.