目に宿る光があるものとして、
それは、おそらく、内面にあるものが
あふれ出ているものだと思います。
心のありようか、ものの見方か、
育まれてきた環境か、愛されている力か、
はたまた別の何がそこにあふれてくるのか、
よくは分かりませんが、
得てきたものであるなら、
失うことのないようにしたいと考えます。

- モルモン書 3ニーファイ 13:22-23 -

体の明かりは目である。だから、あなたの目が正しく見ていれば、あなたの全身に光が満ちるであろう。

しかし、あなたの目が悪を見ていれば、全身に暗闇が満ちるであろう。だから、もしあなたの内にある光が暗闇になるならば、その暗さはどんなに深いことか。

The light of the body is the eye; if, therefore, thine eye be single, thy whole body shall be full of light.

But if thine eye be evil, thy whole body shall be full of darkness. If, therefore, the light that is in thee be darkness, how great is that darkness!