かけがえのない子ども

子どものことを親がたいせつだと思うのは、
べつに言うことをきくからとか
頭がいいからとかじゃないところで、
そのところをぬきにして、
その子がその子であれば、
親にとってはかけがえのない
だいじな子どもなんですよね、きっと。

(香山リカ・正本ノンのおしゃべりな放課後、香山リカ)
 

子どもをかわいがるために、
理由が必要になってくると、
きっと苦しい。
そこにいるだけで、
かわいがれないことは、
心が疲れている証拠かも。