現実感

「現実感」がないということは、
自分以外の世界や出来事、
さらには自分自身も
「傍観者」だとしか思えず、
「当事者」だという意識がもてないことです。

(14歳の心理学、香山リカ)
 

一人では生きていけない世界にいて、
世界を無視していくことなんて出来ない。