少し止まる

少し止まると書いて、「歩」く。
着実に前に進んでいます。

(筆談ホステス、斉藤里恵)

止まっているように見えて、
着実に、進んでいる私たちの人生。
他人にどう見えるかは、
どうでもいいことかもしれない。