力といえども、知性なくしては無に等しい

力といえども
知性なくしては無に等しい

(ナポレオン言行録、ナポレオン)

力だけで治めようとすると、
知性の反抗を受ける。
知性だけで納めようとすると、
力の反抗を受ける。

双方がともにないと、
人を動かすのは、
なかなか難しい。

動かせていたつもりが、
実は、中身(心)がまったくなく、
無意味だったという場合だってあり得る。

夏目漱石の草枕の言葉を思い出す。
「智に働けば角が立つ、
 情に棹(棹)させば流される。」

情が大切だと言う者は、
自分にはない知性を軽んじたりする。
知性が大切だと言う者は、
自分にはない情を軽んじたりする。

しかし、そういう違う個性を持つ者同士が
存在すること自体、
双方が絶対に必要だということの
現れでないだろうか。

力も、知性も、情も
すべていいものであって、
使い方が、我々人間に期待されているわけだ。

自分を治めるにしても、
家族を治めるにしても、
会社で治めるにしても、
それらを求めましょう。

既に放棄している父親、上司が
いるかもしれないが・・・
頑張ってほしい。

【参考】
何もしない贅沢(ヴェロニク・ヴィエン)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です