明けても暮れても考えている事柄、それ…

明けても暮れても考えている事柄、
それがその人なのだ。

(エマソン)

1日のなかで、最近は、
何についてよくよく考えています?

お金のこと? 仕事のこと?
恋愛、人間関係、失敗したこと、
生死、家族、はたまた、○ッチなこと…?

考えること自体の善し悪しを
言いたいのではありません。

もし、何かよくよく
考えていることがあるとすれば、
現時点では、それに心が奪われるレベルだと
いうことです。

だって、考えてもみてくださいな。
普通、我々って、集中することって、
簡単ですか? 難しいですか?

簡単だって言う人は、
けっこう珍しいでしょう…?
だから、それが自然に出来る、
いつもそれについて集中して考えている
ということであれば、
やはり、その事柄は、
「その人となり」ということなのです。

それが、場合によっては、
この世で生を受けた「使命」だ
という場合もあるでしょう。

ただ、一つだけ忘れないでください。
今よくよく考えていることが、
仮に、良くないこと、価値があまりないこと、
だと気づいた時には、
落ち込む必要はありません。

おそらく、心のなかには、
もっといいものを望む気持ちがあるけど、
それが、何らかの力で抑圧されて、
逃げ場を探して、別のものに思考が傾いている
場合だってあるんですから…

本当の自分に気づきましょう。

【参考】
金持ち父さん貧乏父さん(ロバート・キヨサキ)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です