どうして、誰も何もしないんだろう? …

「どうして、誰も何もしないんだろう?」
そう思っていた。
あとで、その理由が分かった。
私も、その「何もしない誰も」に入っていたから…

(作者不詳)

不平、不満というのは、
ふつう、自分以外にはよく言える。
やっぱり…

私もそう。

でも、よくよく考えてみると、
その不平、不満の対象とした人たちの中に、
自分も「傍観者」として加わっている場合も
あるんだよな。

誰も何もしない、
誰も助けてくれない、
誰も理解してくれない…

その「誰も」は、微妙な存在。

「自分がしなくて、誰がする。」
不平、不満を言うくらいなら、
そういう気概を持って
生きていける瞬間があってもいいね。

そういうわけで、
心に残っている言葉です。

(英語)
I wonder why somebody didn’t do something.
Then I realized that I am somebody.

原文は、こんな英語。
英語にちょっと詳しい人は、
somethingでなくて、anythingじゃないの?
と思うかもしれません。
多分、訳があって、somethingにしたのでしょう…

そもそも、微妙な存在である
誰か(somebody)に期待したり、
誰か(somebody)に責任を負わせること自体、
的はずれなのかもしれません。

【参考】
成功哲学(ナポレオン・ヒル)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です