ひとつの望みをかなえようとしたら、ひとつ何かを…

ひとつの望みをかなえようとしたら、
ひとつ何かを失わなければならないのだ。
きっと、だれにとってもそうなのだ。

(空色勾玉、荻原規子)

砂時計を思い出します。

砂は、時間の経過とともに、
くびれを通って流れていきます。

上の部分で失われたものは、
下の部分では得られたもの…

見方を変えれば、
そういうことなんじゃあ
ないでしょうか。

同じ自分の人生という枠のなかで、
失ったように見えていても、
どこかで得られたものに
変わっているんです。

本当に失うのではなく、
姿が変わって、ちゃんと
人生に居座っている…
私たちが、それに気づかないだけ。

そして、さらに気づけば、
砂時計をもう一度逆さにして、
砂の流れをまた創ることが出来るんです。

本当のところ、
人生で得られるものって、
砂そのものでなく、
その流れのように思います。

【参考】
「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)


人生の短さについて(セネカ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です