臆病は伝染するものだ。

臆病は伝染するものだ。

(宝島、R・L・スティーブンソン)

私たちは、
体に害を及ぼす伝染病には、
もちろん、すこぶる敏感である。

しかし、心に害を及ぼすものについては、
その伝染に、意外と無防備だったりする。

たとえば、自分の身内の誰かが
病気になったりすると、ふつうは、
いつもより弱気になったり、
落胆することが多くなる。

看病のためとは言え、
そうなった身内とずっと居ると、
こちらまでが、気が滅入ってきて、
心や生活に影響を与えてしまうことがある。

「一流の人間学」(山崎武也著)に、
こんな言葉がある。

「病人を思う気持ちがあまりにも強くなり、
 全精力を傾注するようになると危険だ。
 …
 病人から離れようとする努力が必要である。
 といっても病人を無視して面倒を見るな
 という意味ではない。
 病人のペースに引き込まれてはいけない
 という意味だ。」

体の病におかされた人間でさえも、
そのようなパワー(?)を伝染する力が
あるのだから、

体の元気な人間が、
臆病、あきらめ、無気力、
憎しみ、恨み、怒りなどのパワーを
身につけたら、それ以上に、
大きな影響力があると思った方がいい。

あなたの身のまわりにいませんか?
そういうマイナスのパワーを
ただよわせている人間が…

ぜひ、ご注意ください。
本当に伝染しますからね。

ちょうどいい距離感を保ちながら、
お付き合いする方法が
必ずあるはず。
時には、意地を張らずに、
人の助けも求めて…

【参考】
起死回生(トム・ピーターズ)


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です