自分の失敗をかくさず、自分を飾ることなく、…

自分の失敗をかくさず、
自分を飾ることなく、
ありのままに生きることが出来なくて、
なにが新しい人生のスタートか。

(幸福の船、平岩弓枝)

過去は忘れて、
新しいスタートをしたい、
それを望むのが、
ふつうの心境のように思う。

けれど、この言葉は違う。

ま、確かに、
過去に罪を犯した人々が
新しいスタートをする際には、
周囲の偏見から守る必要性が
あるのはみとめます。

ただ、それは例外として、
新しいスタートであればこそ、
失敗や過去をかくさず、
新しい自分の「ふり」をすることなく、
ありのままで生きよう、
と言っているのでしょう。

なるほど、それが
本当の新しいスタートだとすれば、
ウソのスタートもあるわけだ。
そして、そのウソによって、
後々、自分が苦しくなってしまうことも…。

隠している自分が、
ひょっこり出てくる時があるから。
出てきてしまったら、
スタートはリセットされる。

それよりだったら、
新しいスタートこそ、
やはり、ありのままで。

そうだよね。
それがいいような気がしてきた。

よし。
今日も、ありのままの自分で、
新しいスタートをしよう。

【参考】
幸福の船(平岩弓枝)


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です