命だっていつか…

命だっていつか終わりがくる。
でもわたしたちが出会って、
一緒に過ごした時間が
消えてなくなるわけじゃない。

(あらしのよるに、きむら ゆういち)

愛さんからの投稿です。

昨日、うちの奥さまが、
今年7月17日に亡くなった祖父の
好物について話し出しました。

「そういえば、ジッチャは、
 このグルメソフトっていうパンが
 好きだったねぇ…」

グルメソフトっていうのは、
我が家の近くで買えるパンの名前で、
厚めで、ほんのり甘い、
ふわふわの食パンです。

人は、いつかは
別れる時がきます。

その別れが来た時に、
心ですんなり受け容れられるのは、
やっぱり、やるだけのことを
やってあげられた時だろうなぁ、
と思うのです。

幸い、私の場合、
祖父については、
そう思えている気がします。
(単なる思い込みかも…笑)

そして、すがるための
思い出でなければ、
ふだんは思い出嫌いの私でも
悪くないよなぁって思うのです。

消えてなくならない思い
っていうのも、いいものです。
そのための思い出でしょうから…

(参考)小説 あらしのよるに(きむら ゆういち)


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です