何を笑うかによって、その人の人柄がわかる。

何を笑うかによって、
その人の人柄がわかる。

(マルセル・パニョル)

わたさんからの投稿です。

何を笑うか、
どう笑うか、
いつ笑うか。

人の失敗を、
優越感をもって
笑うやつって、
やっぱり嫌われる。

嫌われるだけならいいけれど、
きっと、そういう人間は、
自分の小さい世界でしか
生きられない。

私は、そうなっていないかなぁ…
なんとなく、自分の笑う姿が
気になります。

「なんで、そこで笑うのよ?」と、
うちの奥さまに叱られることが
けっこうあるので。

それでいて、自分の失敗で、
自分まで笑っちゃうような時には、
笑ってはいけない話題だったり
するものですからね。

「そっかぁ、今日で、
 阪神大震災から○年かぁ」

というところを、

「そっかぁ、今日で、
 下半身大震災から○年かぁ」

とかミスって、ヒンシュクを
買ったりしていますし。

人に笑われたり、
バカにされたりすることを嫌う分、
おかしなところで、
バカなミスをしてしまうんですよね。

多分、
自分が笑われたくないところって、
他人に同じものを見たときに、
笑ってしまうところなんでしょうね。

笑いのセンスは、そんなにすぐ
変えられるものじゃないですから、
いろんな人の笑う姿を見ると、
品性が分かるかもしれません。

もちろん、自分の品性も
バレてしまいますが…

(参考)マルセル スペシャルエディション


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です