ここには12色の色がある…

ここには12色の色がある
目立たない色もあるけれど
みんながんばってる
ひとつひとつ

(いのちのいろえんぴつ、こやま峰子)

12色もあれば、
どれよりも早く
短くなっていくのが出てくる。

また、いつまでも
使わないものも。

私の場合は、白なんて
あんまり使わないから、
ずっと長かったなぁ…

短くなったものだけを
買い足していけば、
まるごと買い換える必要は
ないだろうけれど、

だいたいは、
ケースが壊れたりしているうちに、
なくなってしまう色鉛筆も出てきて、
買い足すよりだったら、
新品を買った方が安いなんてことになる。

まして、質は落ちるけれど、
100円ショップでも、
12色が売っている時代だからね。

必要なものは、
けっこう簡単にそろう時代。
大切なのは、どんな思いで、
何をするか、っていうところ。

今日の言葉は、
10歳で脳腫瘍を発病した
少女が綴った命の詩から引用。

たった12色の色鉛筆だけれど、
感じる重みが、何か違う。

自分のしていることに、
自分の命に何を感じるか。
やっぱり、そこに話がいく。

(参考)いのちのいろえんぴつ(こやま峰子)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です