空は、どんな人の上でも青いわ。

空は、どんな人の上でも青いわ。

(縮みゆく人間、リチャード・マシスン)

SPKさんからの投稿です。

生きていれば、
不公平を感じます。

不平等も感じたりします。
うらやましさや、コンプレックスも…

たしかに、それを感じるのは、
気のせいじゃないかもしれない。

しかし、
その感じていることだけで
人生すべてを判断しちゃうと、
もったいないことになる。

空の青さに限らず、
1日24時間っていうのも、
みんなに平等に与えられているもの。

平等でないものは確かにあるけれど、
平等なものも確かにある。

逆に、自分だけに
優遇されているものだって
考え方次第は、いろいろ見つかる。

私も昔は、
なんで、自分の父親は、
こんなに頼りないんだろう…
って何度も思ったけれど、

ホームレスをして栄養失調で
倒れていて見つかった父親を
迎えに行った時には、
あきれながらも、
そんな父親のせいで(おかげで?)、
強くなっている自分に
ヘンな優越感を感じた。

こんな経験、
誰でも出来るってわけじゃないだろう、
みたいな感じで。

おおげさな話、
自分の上だけ曇っていても、
いいじゃないかっても
思えるようになるんです。

(参考)ロミオの青い空・脚本集(島田 満)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です