自分の仕事が誇れるかどうか、…

自分の仕事が誇れるかどうか、
他人の物差しで測っても仕方ない。
それは、自分自身が決めることだ。

(ドラマ「働きマン」)

仕事について、
お金がもらえるかもらえないか
の物差しで測られたら、まず、
主婦業をしている女性が浮かばれない。

さらに、
お金を多くもらえるかどうか、
の物差しだけが唯一になれば、
忘れ去られる仕事、人々が
増えるんじゃないだろうか。

多くの人に感謝されるかどうか
の物差しで測られたら、
一部の人だけに感謝されたり、
不満ばかり言われる公務員は、
やってられない。

有名になれるかどうか
の物差しで測られたら、
ほとんどの人が対象外になる。

お金も、感謝も、名声も、
物差しのなかの一つでしかない。

それ以外にも、
まだまだ多くあるし、
それらをミックスした物差しも
存在するだろう。

他人の評価を無視しろ、
とは言わない。

そんなことは、
他人のためにする仕事そのものを
否定することになっちゃう。

他人のために働きながらも、
赤の他人には振り回されない。
そんな精神が必要でしょう。

(参考)ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (梅田望夫)


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です