人は命ある限り、いくつからでも、…

人は命ある限り、
いくつからでも、いつからでも、
自分を変えることができる。

(エド・はるみ)

夢についての言葉は、
いろいろあって、
言いたいことは、結局のところ、
「あきらめるな!」
の一言でしかないんでしょうけど、

前に似たようなことを
言われたなぁと思いつつも、
なんか、心に染みてきます。

なぜなんでしょうね?

人は、あきらめやすい性質なのかな。

今さっき、
すっごい嬉しいことがあっても、
次の瞬間に失望を味わえば、
この先ずっとダメな気がしてしまう。

ちょっと、さっきのいいことを
思い出してよ、自分さん。

と呼びかけてくれる自分もいない。

ふとしたきっかけで、
それを思い出せれば初めて、
そっか、あきらめなくてもいいんだな、
と思いなおせる。

水が高いところから低いところに
流れるのが普通なように、

夢を抱いている人間の心でさえ、
すぐに、低いところに流されていく。

だから、あきらめない人を見て、
自分と同じように苦しんでる人を見て、
自分をふるい立たせる瞬間が、
とても大切なんです。

40歳になってから芸人への道を歩み、
24時間テレビのマラソンランナーとして
113kmを走ったエド・はるみさんは、
見事に、その大役を
果たしてくれたと思います。

昨日は、うちの娘らも、卓球の大会で、
3-10からの逆転劇を演じてくれて、
そういうことを思い出させてくれました。

みんな、がんばってるんですね。

(参考)成人式は二度終えております(エド・はるみ)

No.5447


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です