最善を尽くせ。…

最善を尽くせ。
そして正しいと
思う道を行ってくれ!
それが己の正義なんだ!

(映画「硫黄島からの手紙」)

自分が正しいと思った道を、
一度は、どんどん突き進んで
みないことには、
間違いを認められない。

まわりの人が、
とやかく言っても、
心で強く思っていることは、
結果を見て実感しないと、
どうしようもない。

人間とはガンコな者です。

さらにガンコになると、
失敗した結果を見ても、
言い訳が出てくる。

これは例外だ、
みたない感じに…

そうなってしまうと、
人間はどこで学べるのか。

正しい道を見つけるには、
決心と失敗がつきもの。

決心がないと、
あいまいなものしか見えない。

そして、正しい道へ
向かうということだからこそ、
必ず、失敗が浮かび上がってくる。

絶対に間違いはない、
という思い込みでなく、

間違っていることもあるだろう、
という覚悟の上で、
正しい道を貫いてみる。

そのときどきの結果が
見えてきたら、直していく
という柔軟さ。
それが正しい道だと思います。

(参考)映画「硫黄島からの手紙」

No.3048


「原因」と「結果」の法則(ジェームズ・アレン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です