「何が何でも自分の夢を満たしたい。…

「何が何でも自分の夢を満たしたい。
 それができないのは、
 世の中が悪いし、他人が悪いのだ」
と他にその原因を押し付けてみても、
事態は好転しない。

(二番手を生ききる哲学、童門冬二)

夢っていうのは、
自分の思うままやって、
うまくいってしまうこともあれば、
(センスのある人は、それが続いたりする)

それに味をしめて、
また、思うままやろうとしたら、
まったく、うまくいかなくなる、
ってことも少なくない。

勘違いしちゃいけない。

自分の夢を果たしたい、
と願っているときに、
その自我がかえって、
自分を邪魔していることがあります。

世の中が悪いのと、
自分の才能を生かせないのは、
通じている場合もあるけれど、

注目を浴びすぎて、
邪魔されることが
多くなった人以外には、
そんなにありえない話だと思います。

夢が叶わないのは、
運とか、タイミングとか、
も関係あるだろうしね。

果たしたい、
叶えたい、という思いさえあれば、
何事も叶う、というのは、
自己啓発の常套句だけれど、

たとえば、
今の時代のタイミングに
合っていないものを、
どんだけ、がんばっても、
叶えられることがないものもある。

世の中のせいばかりじゃない。
自分の力や才能が、
今の時代のどこにマッチするか。

いつも分かるとは限らないが、
そういうことも関係あるんだよな。

夢は、近いようで遠い。
遠いようで、近いこともあるけど。

(参考)二番手を生ききる哲学(童門冬二)

No.3479


こころの処方箋(河合 隼雄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です