なりたいと思った自分になるには、…

なりたいと思った自分になるには、
遅すぎることはない。

(ジョージ・エリオット)

きっと、
現実的な解釈としては、

「なりたいと思った自分に
 なろうと努力するには、
 遅すぎることはない」

じゃないかと思います。

なりたい自分に
なれるとは限らないし、

なりたいとして
描いているイメージが
本当に自分にピッタリなのか、
っていうのも分からない。

ただ言えるのは、
ピッタリかどうかなんて、
頭で考えて分かるようなことじゃないから、

とりあえず、今できることを
がんばろうとするのが大切。

それを今スタートするのに、
遅いということはないんでしょう。

もう、手遅れじゃないかな、
なんて考える時間を、
1秒、1分、1時間と
増やす暇があったら、
今、がんばってみればいい。

なりたい自分も、
理想とすることも、
好きなことも、

生きていれば、
どんどん変わっていくことでしょう。

それはそれでいいから、
手遅れだと思い込んで
あきらめがちなことを、

今ちゃんとやればいいのです。
力を注げばいいのです。

がんばろ、がんばろ。

(参考)サイラス・マーナー (ジョージ・エリオット)

No.3587


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です