迷いの中にあるなら、きりきりと迷うがいい。…

迷いの中にあるなら、
きりきりと迷うがいい。

そのようにしてだれもが思慮を、
分別を身につけていく。

(密命・尾張柳生剣、佐伯泰英)

迷うこと、
選べないこと、
決められないこと。

そういう自分を感じると、
なんだか、情けなく思ったりする。

ほかのみんなは、
どんどん決めて、
ずんずんと前に進んでいる気がする。

学生にしてみれば進路、
適齢期には結婚するかどうか、
イヤな仕事を前に続けるか辞めるか、
などなど…

私たちは、
今あるものを失う怖さと、
新しいもの(こと)も欲しいから、
迷ってしまう。

どうしようか…

でも、ちょっとした発見。

迷う人は、
どんなことにでも
迷うのだ。

また、迷わない人は、
いろんなことについて
あんまり迷わない。

そして、
迷っているというのは、
そのことに付き合いたいから、
人は迷うのであって、
きっと無駄なことじゃない。

付き合っても無駄だ、
と感じたら、その瞬間から、
それについて迷うことをしなくなる。

迷うことは、
心の奥のところで、
それに付き合っていたい思いが、
消えていない証拠。

迷うことが増えれば、そのうち、
それらを削っていくのが人間。

それらをうまくやれなかった、
という経験も、次の迷いへのヒントになる。

迷うのは大丈夫、
そう思って生きるのもいい。

(参考)密命・尾張柳生剣(佐伯泰英)

No.3795


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です