明日になったら 何を言うか分からない。…

今、私がこういうことを
言っているのは、今日は
そう思っているからだ。
しかし、明日になったら
何を言うか分からない。

今日言ったことと
全然逆なことを言うかもしれない。
それは、私の考えが、
今日と明日ではまったく違うからだ。

(勝海舟の人生訓、童門冬二)

今日と明日、言うことが違う、
となると、ここぞとばかりに
糾弾されるような社会、世界もある。

けれど、状況が変われば、
それは当然のことなのだ。
むしろ、変わらないほうがおかしい。

もちろん、
見通しが甘い、
予想がおかしいとか、
責められるかもしれない。

でも、
変わることが
いつも悪いとは限らない。

逆に、
変わらないことが
いつも悪いとも限らない。

じっと変わらずに、
1つのことを試し続けるべき時期がある。

そして、どんどん変わって、
トライ&エラーを積み重ねる時期もある。

いずれにしろ、
それは未来において、
今とは違う何かを
つかむために他ならない。

だから、
昨日言っていたこと、
今日言っていること、
明日言うかもしれないことは、
変わることもあるのだ。

ごめん!
で済ませたいところだ。
私もそうなので…笑

(参考)勝海舟の人生訓(童門冬二)

No.4093


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です