自信があるとか…

自信があるとか
ないとかばかり考えるのは、
自己愛の中で
生きているだけだからなんだよ。
人を信じてない
ってことなんだよ。

(私の中の男の子、山崎ナオコーラ)

自信があることは、
いいことだと思う。

何かをやろうとするとき、
自分に自信があれば、
あまり時間を置かずに
始められるだろうから。

けれど、
自分に自信があるか、
自信がないから辞めるか、
という視点しかないと、

誰かのちょっとした助けがあれば、
すんなり進められることが、
いつも、その「自信のなさ」で
ストップされることになってしまう。

自信も大切だけれど、
誰かの助けを得ることも大切だ。

100%の自信を持つ者だけが
集まる集団なんて
めったにない。

30%の自信を持つ者が
3人集まって、
自信の足し算をすれば、
90%になることだってある。

ただ、
10%の自信を持つ者が10人、
5%の自信を持つ者が20人、
という状態にも当てはまるかは、
分からない。

ほとんど自信がない者同士の集まりは、
現実的に、ちょっと難しいかもしれない。

ちょっと自信がないくらいだったら、
誰かの助けを考えたほういい、
ってことだと思う。

(参考)私の中の男の子(山崎ナオコーラ)

No.5562


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です