希望を見出すきっかけ…

希望とは、
本人が自ら見出すべきもので、
他人が勝手に
「希望を持て」などと
言うべきことではないのです。

そして、ぼくたちが
本当にするべきことは、
希望を見出すきっかけを
創出することなのです。

(希望 命のメッセージ、鎌田實)

人の心に、
どんなふうに希望が湧いてくるか、
ってのは、恋心と同じようなもので、

どんなきっかけがあるか、
分からない。

希望を伝染させるつもりで、
自分ばかりが希望をもって
元気な振りをしていることが、
いいとは限らない。

そういう姿が、
無理しているように見えて、
かえって悲壮感を
感じさせることも少なくないと思う。

希望をもてる状態を
つくってあげるためには、

がんばってる姿だけが
いいわけじゃないんだ。

ゆったりとしている姿が、
誰かに対して
「こんな私でも大丈夫なんだ」
とリラックス感と希望を
与えることだってある。

希望は、
人それぞれのもの。

誰かの代わりに、
希望をもってあげることはできない。

タイミング、
きっかけもそれぞれ違うから、
環境を整えて待つしかないことも多い。

なかなか希望をもってくれない姿を見て、
自分のほうが焦れて、
希望がかすんでいくことがないように、
気をつけないといけない。

(参考)希望 命のメッセージ(鎌田實)

No.5568


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です