潮時を見極めるのは、…

潮時を見極めるのは、
重要な仕事なんだ。

ちゃんとやめられる人は、
かっこいいんだよ。

(手、山崎ナオコーラ)

いつ、どこで、
どんなふうに終わらせるか。

それがうまく出来る人は、
変化も、スタートも、
上手だと思う。

それがうまく出来ない人が
こだわっているのは、

おそらく、これしかない、
と思い込んでいるところ。

「これしかない」
という言葉は、
こだわりを強く持っている、
という意味では
悪くないように思うが、

「これだけやっていたい」
という本心から言葉に
言い換えてみれば、
わがまま以外の何ものでもない気がする。

時が流れても、
失敗が混んできても、
たくさんの人に迷惑をかけていても、

「これだけやっていたい」
というのは、こだわりというより、
逃げみたいなもんだろう。

新しくスタートすること、
変化することから、
逃げ続けているわけだ。

けれど、
言葉をどう使おうと、
本当の自分は、
それに気づいている。

うまく終わらせられない言い訳を、
いくら繕ってみたところで、

しがみついているから、
終わらせられないんだ、と。

今日も、新しいことを何かしら、
始めるしかない。そういう習慣が、
うまく終わらせられる心を作っていくから。

(参考)手(山崎ナオコーラ)

No.5684


常識にとらわれない100の講義(森博嗣)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です