「これは修行だ」と思って…

意外に、
「これは修行だ」と思って
やってることよりも、
自分が意識してないことが
修行になってたりする。

(二十歳の君へ[森見登美彦])

ちょっと苦しいですが、
これをすればいいです。

とか前もって分かっている修行は、
意外性がない分、
学べることが少ないかもしれない。

やっぱり、

大変だ!

どうしよう?

というような戸惑いや悩みが
突然やってくるような出来事の方に、
うまくいかない可能性が高い分、
学べることは多いだろう、皮肉なことに。

もしかしたら、
学びきれないほど、
大きな修行になるかもしれない。

じゃあ、
日々の積み重ねは
無駄なんじゃねぇの、
と早合点しそうだが、

いざという時に、
日々の積み重ねが、
本当の人間性が表に出てくる
わけだから、
「イベントごと」だけが
大切なわけじゃない。

日々の積み重ねが、
体力づくりというか、
基本づくりとなって、

意外な出来事が、
それを実践する場となる。

そういうくり返しで、
人間は成長していく。

そういうことなんじゃないだろうか。

ぜんぶ、修行なんだな。

(参考)二十歳の君へ[森見登美彦]

No.5718


モモ(ミヒャエル・エンデ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です