棄てられたくない…

他人から
棄てられたくない
と思うなら、

あなたもまず
他人を見捨てないことだ。

(超訳 鴎外の知恵、出口汪)

昨日は、
高3長女の卒業式。
その後の祝賀会にて。

「その節は、たいへん
 ご迷惑をおかけしました。」

昨日、数年ぶりに、
これまでお詫びを言うことが
できなかった知人に、
そんなふうに言う機会ができた。

誰が正しいか、
誰が正しくないか、
を考えたり、論じ合えば、

謝るチャンスは、
どんどんなくなっていく。

そして、
謝らないと、
人間関係は、
だんだん減っていく。

謝らない相手、
というのは、
心のなかで「捨てた」
ようなものだろう。

もう、この人との関係は、
「終わりだ」「未練はない」
「どうなってもいい」
と結論を出したことなのだ。

もちろん、
そうやっても、
何の不具合のない相手も、
いることだろう。

しかし、
大切なことは、
人間関係が減っても
不具合があるかないか
じゃないかもしれない。

自分が、人間関係に対して、
どんな人間でありたいかって価値観だ。

謝るというのは、
その価値観の一つの表れだ。

(参考)超訳 鴎外の知恵(出口汪)

No.5837


置かれた場所で咲きなさい(渡辺 和子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です