幸福というのは、…

幸福というのは、
いつも持ち歩いているものです。
みんなのポケットにも、
たくさん入っているんですよ。…
もし今、不幸せだと
思っている人がいるとするなら、
それはポケットから取り出して
確認する時間がないだけ。
ポケットに幸せが入っていることに
気がつかないで、
目の前の不幸を嘆いているだけ。

それでは
いつまで経っても
幸せは見つからない。
いつも文句ばかり言って、
自分のことを不幸だと思っている人は、
きっと自分の幸せを
数えたことがないんでしょうね。

(幸福論、さだまさし)

ポケットに
ティッシュが入っているまま、
洗濯をすると大変なことになる。

うまくいけば、
散らばることなく、
洗濯物が乾いた後に、
まとまり固まったまま
出てくることもあるが、

だいたいは、洗濯層で
散り散りになって
脱水が終わった洗濯物に
へばりついてしまう。

子供が小さい頃には、
そういうことがよくあった。

妻は泣く泣く、
ティッシュを振り払い落としたり、
つまみ捨てたりしていたもの。

ポケットに何が入っているか、
知らなければ、
不幸なことが起きるのだ。

それが、お金とか幸せだったら、
さぞかし、大変なことだろう。

(参考)幸福論(さだまさし)

No.7059


道は開ける(ディール・カーネギー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です